オタクな彼女と出会い、結婚するまでの経緯をまとめてみた#4 付き合ったらあっという間に結婚フラグが立って実家にお呼ばれした件

5月 10, 2013 by
Filed under: オタク夫婦の日常 
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

前回のあらすじ

無事、初対面を果たし
家にまで遊びにくるという流れを経て、連絡先を交換する。
その日は軽く雑談して?お開きに。
その後、年が明け、再び激務に追われるようになる。

ぶっちゃけ激務

無事女の子を紹介され、連絡先も交換したはいいが
あっという間に1週間程達、僕の方は仕事に追われる日々に放り込まれる。

この時は本当にずっと仕事をしてる記憶しかない
どうしても終電を軽く超えてしまう上に、寝る時間や移動時間すら惜しかったので
職場の近くにウィークリーマンションを借りて暮らしていた

六本木だったので、くっそ高いんですよ。
フリーランス故、会社から経費として出るわけでも無かったので結構痛い。

が、移動に体力気力を割くよりはまだまし…と考えていたわけです。
実際助かったには助かった。ってかこんだけ出して助からなかったら困るw

まぁそんな環境で、大体毎日1時過ぎに仕事が終わり、一蘭でラーメンを食ってウィークリーマンションに寝に行く。
大体そんな暮らしでした。ハイ。太る。

と、忙しい自慢はいい加減痛いので先に進むとして…w

なので、折角貰った連絡先もなかなか使う機会に恵まれなかったわけですよ。

今はやめたけど、当時ヘヴィスモーカーだったので喫煙室で煙草を吸っている時がある意味休憩時間ではあったんだけども
なかなかメールを打つ気力も出ないわけで。

3日に一度くらい、本当に1返信で済むような当たり障りの無い事をやり取りしてた感じ。

それでも何故か流れというかめぐり合わせがあったようで

そのくらい鬼忙しい中でも、なんとか時間をとって食事に誘ったり
連絡を取り合ったりしているウチに、お互い惹かれるものがあったのか。